由来

のぼりの起源とされるのが、平安時代以降、戦場で自軍と敵軍を
区別するために長い布を木に括り付けて、背の高い旗として
掲げたのが始まりだとされています。

戦国時代になると、家紋を用いて作られるようになりました。
某戦国武将ののぼりなどがぱっと目に浮かぶのではないでしょうか。

戦国時代

また、 その光景は大河ドラマや時代劇でもおなじみの光景ではないでしょうか。
これらが由来となっていますが、 こうした使い方は現在の東京で見かける
のぼりと共通するものだといえます。

今でも東京のあらゆるところで場所を示したり、イベント開催の
お知らせなどの役割で使われていますね。
つまり、目印というわけですね。

また日本では神社などにも多く使用されています。これは東京でも例外ではありません。
これは参拝者の心理に訴えかけるためとも言われています。

神社で活用

反復して並べられたのぼりは、無意識のうちに視覚から情報を取り込み
心理的に訴えかけてきます。

どちらにしても用途に応じて旗が進化したものがのぼりだといえるようです。
のぼりと私たちは呼んでいますが、のぼりはのぼり旗とも言われます。
この辺りは旗からきた名残でしょうね。

東京って人もお店も多いから、目印って大事。
それがのぼりだと簡単に作れる。
東京の雑踏の中に一際目につくのぼりを作りたい。

ホーム  のぼりの起源  ポンジー  防炎の加工をされたのぼり  のぼり旗長く使うには四方縫製  一言「らーめん」と書かれた のぼり  格安のぼり旗をオーダー  のぼり旗で最安値  敵味方を 区別する目印  のぼり旗は許可が必要   工夫してのぼり旗を掲げる   折りしわがついてしまう    のぼり旗を目立たせるために    交通事故防止    イラストを取り入れる   アイキャッチとしてのぼり旗    アピール  コストパフォーマンスの 良い商品  スポンサー  sitemap