金・プラチナ高価買取などでもお馴染み

のぼり旗に金色・銀色を使うシーンは、主に金やプラチナなど
貴金属類の買い取りを行っているお店が使うケースが多いのではないでしょうか。

お店が道路よりも奥まった場所にある場合、店先は駐車場として
利用できるメリットがありますが、道路より引っ込んでいるため
宣伝のしにくさがあります。

駐車場のぼり

特に、車を使って移動する場合は、奥に引っ込んでいるお店は
気が付かずに通り過ぎてしまうことも少なくありません。

しかし、道路側に金・プラチナ高価買取などの文字を記載している
のぼり旗を設置することで、人々にお店の場所や存在を認知して
貰いやすくできます。

11月の終わりに近づくと残り1か月ということから、忘年会の
場所を決める会社やグループも多いのではないでしょうか。

居酒屋はこのような季節に入ると、店先には通常ののぼり旗だけでなく
金色・銀色のデザインを施した忘年会の予約や特典などを記載した
のぼりを旗を立てることが多くありません。

色が金色や銀色になっていると、そのお店のメニューが
豪華な印象にもなるため宣伝効果が高くなるメリットがありますし、
金色・銀色は遠くからでも目立つ色合いですから
より多くの人々に知らせて予約を促したいときなど効果的です。

金や銀のインクがないので印刷はできない?

のぼり旗は、遠くからでも目立つデザインが集客効果に繋がると
いわれていますが、一口に目立つデザインといっても
これからのぼりの文字やイラストなどを作る人にとって
どのような構図にするのが良いのか分からないケースは
多いといえましょう。

のぼりデザインの悩み

一般的には、のぼりを製造しているお店のデザインテンプレートを
利用して、生地の種類やサイズなどで選ぶケースは多いといえますが
オリジナルティを追求する場合はテンプレートを利用するのではなく、
自らデザインを行ったり専門業者に頼んで訴求効果や
宣伝効果が高いデザインを作って貰うなどがおすすめです。

のぼり旗に金色・銀色の文字を使うことで文字を豪華にできる
メリットがありますが、そもそも印刷用のインクには金色や銀色は
存在していないといいます。

ただ、ダイレクト昇華印刷と呼ぶ手法を利用することで
金色は黄土色で銀色はグレーのような色合いとなり、
金色・銀色の文字をのぼりに取り入れることができます。

ちなみに、ダイレクト昇華印刷は生地に直接インクジェット印刷を
行ってから、そのまま200度の高温で定着せる印刷手法です。
写真や画像、グラデーション入りのデザインを取り入れたのぼり旗を
きれいに作ることができます。

ホーム  のぼりの起源  ポンジー  防炎の加工をされたのぼり  のぼり旗長く使うには四方縫製  一言「らーめん」と書かれた のぼり  格安のぼり旗をオーダー  のぼり旗で最安値  敵味方を 区別する目印  のぼり旗は許可が必要   工夫してのぼり旗を掲げる   折りしわがついてしまう    のぼり旗を目立たせるために    交通事故防止    イラストを取り入れる   アイキャッチとしてのぼり旗    アピール  コストパフォーマンスの 良い商品  スポンサー  印象に残る内容  形を活かす  通販購入のメリット  独自のサービスを知らせる  興味を持ってもらうきっかけ  エステル葛城生地の耐久性と重厚感  のぼりで忘年会受け付けアピール  sitemap