宣伝用ののぼりは敷地内であれば問題ない

 店舗系の場合は、宣伝用としてのぼりを利用することが目立ちます。
風の影響を受けて揺れることにより、人の目に入りやすくなる他に
デザインをしっかりと作り上げることで、シンプルながらキャッチーな
文字入れをしているのぼりは、抜群の集客効果を高められるメリットもあります。

のぼりを発注した後には、店舗前に設置することが必要ですが、
この際には安全性を十分に確保しながら慎重に場所選びをしなければ
後からトラブルが起きてしまう可能性も否定はできないので、非常に重要です。

安全性への配慮

一般論として自店の敷地内であればどこにでも置くことはできます。
ただし、倒壊の危険性が起きるリスクのあるような取り付けは
絶対に避けなければなりません。

敷地内でも歩道を歩く人や、自転車に乗っている人に倒れてしまうようであれば
問題になるので、のぼりの土台部分は重量のある丈夫な資材を使うことで
問題は解決できます。

敷地内に取り付けする場合には、屋外から見える位置でなければ
効果を最大限に発揮することができません。

少し外側に立てたい場合は地面の傾斜にも注意は必要です。
道路側に対して水が流れるような傾斜が付いている地面の場合、
土台を水平に保てるように、簡易アスファルトの施工やゴム板を
加工して挟み込むなど少しのアイデアで問題は無くせます。

道路側に設置をしたいのぼり旗は許可が必要


街を歩いていたり、自動車を運転していると、店舗によっては
のぼり旗を用いて宣伝や一時的なキャンペーンを開催している場所に
遭遇することは良くあることです。

人の目を引き留める効果はのぼり旗には十分な要素が盛り込まれているので、
上手く活用することで売り上げアップに役立ちます。

道路沿いののぼり

のぼり旗の設置場所をでるだけ目立つ位置にしたい場合で、
店舗前の歩道の幅が広いという条件下では、歩道に置くことも少なくはありません。

車道に近い位置の歩道部分を活用することで宣伝効果を高められますが、
道交法が絡んでくる場所なので無断で使用してしまうと後から罰則が
適用されてしまう可能性もあるので、きちんと理解をした上で
取り付け場所を選ぶ必要性はあります。

道路に置きたい場合は地域を管轄する警察署へと許可申請を行うことが求められます。

申請の審査は概ね3日もあれば許可が出ることが多いので、
早めに申請を済ませておくことで余計なトラブルから回避できます。

問題になることはのぼり旗の置き場所を確保できても、
常に安全性を確保しなければなりません。

心配される危険性は倒れてしまうことなので、土台の重量を
しっかりと保つ方法とお近くにフェンスなどがあれば
結束バンドを用いる方法も意外と簡単です。

 

収納  印刷  事故防止  向いている  雰囲気  ノベルティ  コンビニ用  差別化  大相撲会場ののぼり旗