寿命

 残念ながらのぼりの寿命はそれほど長くはありません。
というのも、東京でも屋外に設置されることがほとんどで、
その場所はひさしも何もない場所であることが ほとんどだからです。

そのため、日光や雨風・建物や植物との接触など、障害が多数発生するのです。
のぼりは布ですから、これらの障害が日々ダメージを与えてしまいます。

寿命がある

のれんなどに比べて摩耗が激しいのがのぼりの寿命と関係します。
裾などが裂けてくるのがよくある事例です。

そこで、少しでも寿命を長くするために、布端をヒートカットではなく
縫製する方法があります。

縫製する

料金は少しかかりますが、布端を補強するような役目があるので
東京の過酷な環境に設置する場合には、 考えてみるのもよいでしょう。

ですが、一般的にはのぼりは価格も安いため、消耗品と考えて
定期的にリニューアルするのがおすすめです。

破れるだけでなく、日に焼けて色褪せたりもするので、広告効果が薄れてきますからね。

また、定期的に内容をアレンジするのもいいでしょう。
東京でのイベントや季節に合わせたり、カラーだけでも変えてみたり…
のぼりは効果的な販促アイテムです。
ですが同じ内容で掲げたままでは、東京の見慣れた風景に
溶け込んでしまい、効果も半減してしまいます。

東京って移り変わりの激しい街。
めまぐるしく変化していきます。
それに負けないようにのぼりも変化させていかないといけません。

ホーム  のぼりの起源  ポンジー  防炎の加工をされたのぼり  のぼり旗長く使うには四方縫製  一言「らーめん」と書かれた のぼり  格安のぼり旗をオーダー  のぼり旗で最安値  敵味方を 区別する目印  のぼり旗は許可が必要   工夫してのぼり旗を掲げる   折りしわがついてしまう    のぼり旗を目立たせるために    交通事故防止    イラストを取り入れる   アイキャッチとしてのぼり旗    アピール  コストパフォーマンスの 良い商品  スポンサー  sitemap