素材

 現在東京の店舗などで使用されているよく見かけるものは
ポリエステル素材でできています。

もっとも東京で多く使われている素材はポンジと呼ばれています。
このポンジという素材は、 薄手でしなやかな生地なので、風に柔らかく舞うのが特徴です。

素材の特徴

そう、あののぼりならではの雰囲気を醸し出すのはこの素材だからなのです。
のぼりならではの素材といえるでしょう。

ただし、薄手なので、生地としての耐久性はそれほど強くはありません。
これ以外にも最近ではトロピカルなどといったポンジの数倍の
強さをもつ糸を使用して織られた生地もあります。

少しでも長く使いたい、摩耗の激しい場所で使うという場合には
トロピカルの方がいいかもしれません。

耳慣れない生地の名前ですが、ひとくちにのぼりと言っても
色々な種類があるのです。

一度に大量に使用する場合や、単発の東京のイベント用の場合には
安価なポンジを、比較的長期に渡って使用する場合には
強度のある素材を使用するといった使い分けをするとよいでしょう。

また、東京での設置する場所で、屋内にはポンジを、店の前で
定番で使うものにはトロピカルをと区別しても良いでしょう。

区別する

のぼりは看板やのれんと比べると安価です。その分制作の手間も簡単です。
だからこそ、使い分けで賢く販促を。

販促って本当に大切。
東京ではイベントもとってもたくさんあるから、いかに効果的に販促するかが肝心です。
何が一番効果的か見極めたいものです。

 

ホーム  のぼりの起源  ポンジー  防炎の加工をされたのぼり  のぼり旗長く使うには四方縫製  一言「らーめん」と書かれた のぼり  格安のぼり旗をオーダー  のぼり旗で最安値  敵味方を 区別する目印  のぼり旗は許可が必要   工夫してのぼり旗を掲げる   折りしわがついてしまう    のぼり旗を目立たせるために    交通事故防止    イラストを取り入れる   アイキャッチとしてのぼり旗    アピール  コストパフォーマンスの 良い商品  スポンサー  sitemap